<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

本日の野良仕事

今日は久しぶりの晴れ間ののぞく一日で、名古屋からわざわざ野良仕事志願の助っ人が来てくれたので、一緒に畑で肉体労働しました!



まず、久しぶりに行ってみて嬉しい写真から。


f0135908_2253583.jpg


小麦の芽が出ていたのだ!

お行儀よく揃って小さな芽を出して、元気に伸びてるって感じです♪

ここは畑の方に一番最初に種をまいたところです。


f0135908_22543222.jpg


1週間前に田んぼに蒔いたところも、ぽちぽちっと芽を出していました。

でもここは田んぼなので水はけが悪いと、麦は育たないので今日は溝きりの肉体労働です。

これで、少しはましになったと思いますが、いかがでしょうかね〜?





f0135908_2255592.jpg



さて、助っ人のお二人には上の段の草だらけの休耕田に、小麦をまく為の畝を作ってもらいました。

この備中という道具を使うと、草を掘り起こすのにとても便利です。



f0135908_22551831.jpg


ここの田んぼは畑としてこれから使おうと思うので、最初にしっかり草を取り除いて畝作りをします。

その後は、自然農栽培で生えて来た草は刈って取る方法で育てようと思います。



f0135908_22553418.jpg


畝が出来たので、補いに菜種油かす、米ぬかを蒔いた後、ライ麦の種をおろしました。



f0135908_22554663.jpg


蒔いた後は、こうして足で土をかぶせて踏んで行きます。

足元はすっかりベテランの農夫のようですね〜、座長!



f0135908_22555656.jpg


いっぺんに全面畝作りは無理なので、今年はこれだけ(3本の畝)で、あとはまた来年。

機械を入れないので、少しずつのペースで作業は進んで行きます。

これぐらいのスピードで世の中進んだ方が良いとワタクシ思うの。




さて、話は変わって、、、。

関西にいた頃、私、短い期間だったけど『猫のはっちゃん』でおなじみのハニー先生の写真教室に通ってた事があるんです。

そこでお知り合いになった皆さんが、写真展を開かれるそうです。

そして、ゆらさんがうちの駄猫のガブリエーラ・小熊のちび猫時代の写真を展示して下さるそうです。

ご連絡をいただいて、懐かしい写真を探してみました。


f0135908_231633100.jpg


皆さんが一眼カメラで激しく動き回る小熊を激写してくれましたね。

1時間以上、小熊はモデルとして激しく跳ね、飛び、転び、、、ひと時としてじっとせず、、、まったく撮影しにくい被写体でありました。

で、ようやく動き疲れてコテっと寝てしまった図です。



f0135908_23135596.jpg


小さい頃は、こんな猫でスタ〜。


みけさま展

2008.10.30-11.11 ギャラリー道にて

お近くの方はどうぞ見に行ってくださーい。
[PR]
by totonana-blog | 2008-10-29 00:14 | Farming

瑞々しい野菜と、乾燥野菜

f0135908_22391529.jpg


二十日大根、ラディッシュ、サラダからし菜が食べごろです。

春や夏よりこの秋植えが、二十日大根もラディッシュもすんごくきれいに育ってくれた。
なんだか嬉しい♪

サラダからし菜は、初めて作ったけどその名の通りピリッと芥子の味がしてなかなか美味しい。

さすがにこの味は、虫も全然つかないね。






f0135908_22394581.jpg
f0135908_224034.jpg


胡麻はただいま乾燥中。

金の粒胡麻です。

全部サヤからでたらきれいに掃除して、戴く事にしましょうね〜。







f0135908_22403010.jpg


大納言小豆も、サヤからはじけそうになって丸まると粒が並んでいます♪

わたしはやっぱりぜんざいが好き♪





f0135908_22401771.jpg





これはズイキ。

皮を剥いて干して、、、料理に使いますが、、、これは母の領域で、私にはまだ使い道が今ひとつ分かりません。

でも、ズイキは「夜尿症、頻尿」に効果があると民間療法で使われてきたそうで、毎日たべると良いらしい。

これは切実に試してみたいワタクシであります。。。~~;




ところで、私は夜寝るときも靴下が欠かせないほどの極度の冷え性。


そんな私の足下をあっためてくれる助っ人たち、、、。



f0135908_22411615.jpg



丸まると猫団子が出来上がっています。。。

暖かいのは良いけど、、、こんなに密集して苦しくないんやろか?
[PR]
by totonana-blog | 2008-10-26 23:26 | Farming

まだまだズッキーニ!

えーっと、ズッキーニがまだまだ元気に実をならせています。

f0135908_2319969.jpg


ほらね。

5月2日に種から育てた苗を定植して、たくさん実を付けてくれましたが、この時期になってもまだがんばってるの。

ん〜、こうなると最後の実が大きくなるまで見届けたくなります。

ズッキーニ畑はこのまま冬まで置いときましょう。

どうせこれから作る野菜もないしね。


f0135908_23192657.jpg


ひとつ大きくさせて種取り用にしようと思います。

これも、どこまで大きくなるか、、、?



ホント、ズッキーニって面白い野菜だなあ〜。
[PR]
by totonana-blog | 2008-10-23 23:31 | Farming

稲刈りと麦種おろし

秋晴れのよい天気の中、ようやく2畝ほどのマイ田んぼの稲刈りをいたしました。

田植えのときは、友人のお手伝いがあって賑やかに作業しましたが、稲刈りは日程が合わず、一人での稲刈りとなりましたが、、、たった1時間ほどですみました。

何故かというと、、、


f0135908_22534084.jpg


こんなに・・・



f0135908_22535755.jpg


こんなに少ない収穫だったからよ〜。

ははは〜。

来年はもうちょっとがんばろうね〜。




f0135908_22541254.jpg


その稲刈り後の田んぼに南部小麦の種をまく事にしました。

株と株の間を鍬で草の根を切るように表面を削っていきます。



f0135908_22542575.jpg


そして、バラバラと種おろし。


f0135908_22544442.jpg


最後に枯れ草をかぶせて、芽が出るまで待ちましょう。


お米のときも祈ったはずなんだけど、、、、祈・大豊作!
[PR]
by totonana-blog | 2008-10-21 23:10 | Farming

自然農栽培のこと

昨日の記事の追記で、私なりの自然農の栽培方法についてもう少し詳しく書いてみます。

無肥料、無耕耘(ごめんなさい漢字を間違えてました。「こうてん」じゃ無く「こううん」でした。)、無除草の自然農は、川口由一さんのやり方を直に「赤目の自然農塾」へ通って教えてもらったのですが、ほかにサイドバーのライフログで紹介している「自然流家庭菜園のつくり方」という本も参考にしています。

草の無除草と言うのは、根っこごと抜いてしまわないという事で、種まきのときや野菜が小さいうちは、草に負けないように地際から刈ってやります。
草は野菜作りの敵ではなく、大事な役目を果たす有益なものです。

刈った草は野菜の根元に敷いて行きます。
そうする事で土に湿り気を保ち、さらに雨の跳ね返り防止の役に立ちます。
草が枯れたら腐葉土になって、土を豊かにして行きます。
そして草がある事で、微生物から始まる様々な生き物にあふれ、川口さんの言う「動植物の亡がら」が積み重なり土をどんどん豊かにして行きます。
耕さなくてもフカフカの土に変わって行きます。

よく「草を生やしていると、栄養を取られるから抜かなきゃだめだ。」という言葉を聞きますが、それはどうも当たってないような気がします。草の種類にもよるかもしれません。生育初期の頃はそういえるかもしれません。
とにかく,草と上手につきあって行けば根こそぎ抜いてしまう必要は無いようです。

これはほんとに、2シーズン実践しただけの畑でも、実感します。

草の中でも、立派に野菜は育っています。

しかし、、、。

立派に育つ野菜も種類によるのかもしれない、、、と思うのは、私がまだ実戦の経験が浅いから。

うまく育たなかったピーマンや、虫に食べられてしまって無惨な姿のキャベツや小松菜、小さな玉で終わったタマネギ、など、、、。

やっぱり少しは肥料を入れたくなるし、実際、化成肥料以外の肥料を少し入れた時もある。

大根や,ごぼうの為にその部分だけ耕して石を取り除いたり、、、。

無肥料、無耕耘、無除草、というのは本当に100%そうしている、という事ではないですね。

自分なりに融通を利かせてやって行けばいいと思っています。


でもね、本当に肥料もろくにやらなくてちゃんと野菜が出来たときは、「やったー♪」という気持ちになりますね。

だって,野菜作りの雑誌を見たらほとんどが最初に石灰で中和,次に化成肥料、虫が出たら殺虫剤、病気になったらこの薬、、、って、そんなの実践したくない。

野菜の持ってる力を信じて、自分で大きくなってもらう。少しだけその為のお手伝いをする。

そのスタンスで行きたいと思います。

、、、しかし、真夏の草刈りはかなりキツいお手伝いではありますねえ。




あ、そうそう、今の時期の草刈りも結構キツかった〜。

今週、お天気が最高にいい秋晴れの中、3日間かけて田んぼの稲刈りならぬ草刈りをしました。

あまりの草に、「こりゃ、稲刈り前に草刈っておかなきゃ、稲が刈りづらいねえ。」
という事で、夏の間田んぼをほったらかしてきたツケが回ってきました。




f0135908_21581385.jpg


右側が刈った後、左が刈る前のマイ田んぼの様子でございます。

休耕田でススキの株だらけだったところを、春に(この場合は)ススキの根っこを掘り返し、再び田んぼとして蘇った(?)はずなんだけど、、、水が全然たまらない田んぼで、半分は陸稲のようになっていた。

ところが、お米の出来は水が回らなかった方の区画がよく出来ていて、水に近かった方は情けない実りなのであった。

水が冷たすぎたせいだろうか?、、、とか、原因は考えてもよく分かりません。


f0135908_21583463.jpg


で、こんな風に稲穂がたれているのもあれば、、、。


f0135908_21585582.jpg


まだまだ,これからでっせー!とばかり元気に空に向かって直立している稲もあり、、、で、稲刈りをどうしようか迷ってるのです。

でも,もういい加減刈っちゃいましょう。

今年の米作りは、来年の為の練習です,練習。

お餅が一臼搗けるくらいの収穫があったら、万々歳です。
[PR]
by totonana-blog | 2008-10-18 22:23 | Farming

無肥料、無耕耘、無除草

私の自然栽培の畑での秋の葉もの野菜の様子です。

葉もの、特にアブラナ科は虫の食害にやられてしまう事が必至。

草との共生で、虫の被害がどれくらいあるのか、自然農2年目の挑戦です。


f0135908_20253737.jpg

f0135908_20262322.jpg


f0135908_20274740.jpg

f0135908_20283939.jpg


f0135908_20285682.jpg

f0135908_20295611.jpg



みんな、ピーマンの足下に植えてます。

苗が大きくなる頃には、ピーマンが終わりになるでしょう。




f0135908_20302374.jpg

f0135908_20314069.jpg



キャベツとチンゲンサイを、畝の片側ずつに分けて植えている。

チンゲンサイはミニサイズで、早く収穫できる品種。




キャベツは、年内に収穫できなければ雪に埋もれてだめになる可能性大。

試しで作ってみます。






f0135908_20311862.jpg


まだ小さな苗なので、どれが苗でどれが草かよく分からないですね。^^;







f0135908_2032976.jpg

f0135908_21215368.jpg


ラディッシュ、二十日大根、小カブがギュッとつまってます。






f0135908_21224316.jpg





珍しい大根を見つけたので。

種をまいた後、雨よけにアスパラの刈った枝をかぶせました。





f0135908_21234349.jpg


アスパラの枝もすっかり枯れて、大根も順調かな?






最後は、多年草化している「おかのり」

伸びすぎたのを刈ってやったら、またきれいな葉っぱがいっぱい出てきた!

f0135908_21332583.jpg

[PR]
by totonana-blog | 2008-10-17 22:09 | Farming

雨の日の農作業

昨日は雨で寒い一日だった。

そんな日は、家の中で農作業。

しかも、こたつで暖まってテレビを見ながら出来る農作業です。

そんないい農作業が雨の日、冬の日に備えてちゃーんと用意してあるのです。

それは、これです。

f0135908_713782.jpg


実家の田んぼで作っている古代米。

脱穀、籾すり作業がおわりましてこのような状態です。

黒米と赤米の混合米ですが、よく見るとまだ籾がついてるのが混じっています。



f0135908_781472.jpg


それを少しずつ手作業でつまみ出して、選り分けていくのです。



f0135908_775770.jpg


結構混じっているんですよね、これが。

古代米は籾の先っぽに長い毛のようなのがついているので、籾摺機を通してもすり切れないのが出てくるのです。

これが炊いたご飯の中に混じっていて、口の中に入ると噛んだときすごく嫌ですよね。

なので、丁寧にひとつぶひとつぶ取り除いていくのですが、、、今年は収穫が少なくて、それでも180キロぐらいまだ残ってます。

冬の夜なべ仕事にもってこいですね。

こういう細かい仕事、やりだしたら「もうすこし、もうすこし、、、」とはまってしまい、黙々と続けられるんですよね。



f0135908_7831100.jpg


そして、袋詰めして近所の道の駅やお店で売ってもらいます。

遠方の方には1キロ単位で通信販売もしておりますよ〜。

詳しくは古代米のホームページをご覧くださいね。

こちら

どうぞよろしく〜。^^v
[PR]
by totonana-blog | 2008-10-15 07:33 | Farming

甘えてます

この数日、しばらく田舎を留守にして姉の住む川西市の家に来ており、

この家に住む2匹の猫とまったりして過ごすことができた。



f0135908_21175470.jpg


チョコちゃんもすっかり人なつこくなって、膝の上でタレタレ〜。

たれ猫系のボクちゃんになりました。

チョコは千代子って名前を姉がつけたんだけど、女の子と思い込んでたらボクちゃんだったんだって。ははは〜。


f0135908_21215353.jpg


みーみのしがみつき抱っこ。

相変わらずの甘えたですわ〜。


さあ、明日はガブちゃん、吉右衛門、民子、お母ちゃん4匹の猫と、ラブ、ロン2匹の犬が待つ田舎へ帰りましょう。

そして、マイ田んぼの稲刈りや小麦の種まき、、、、農作業が待っています。

また明日からがんばりましょー!おー!
[PR]
by totonana-blog | 2008-10-12 21:17 | Animal & Creatur

自然の営み

収穫したトマトで割れが入ったりして食べられなかったのをポイポイ捨てていた所に、これから冬に向かって寒くなると言うのに、種が芽を吹いてワサワサと苗が育っていた。


f0135908_2153162.jpg



うーん、このトマトたち、これからどうなるのでしょう?

まあ、残念ながら寒さに負けて絶えてしまうんでしょう。

春の芽吹きと同じくらいの気温なんだね、今は。

今年の春は、ミニトマトをこうして自然に芽吹いて来た苗を使って育てたけど、秋に芽吹いても育てるわけにはいきませんね。

自然のサイクルの中ではこういう事もあるんだね。

全部の種が秋に芽吹いてしまわないで、春に芽吹く分も残ってるんだろうか?

この場所で、来年の春に確認してみたいと思います。



f0135908_2165844.jpg


これは、タイ料理でおなじみのパクチー。

やっぱり、畑でこぼれ種で芽吹いていた。

これは去年経験済み。

パクチーは熱帯の植物かと思いきや、雪の下で冬を越した。

なので、畑の他の場所に定植してやったよ。



このパクチー、そんなに料理に使う事もないし、こぼれ種でどんどん増えても実のところ困るんだけど、タイ料理好きの私としては(タイ料理好きの友人にとっても)ないと寂しい。


近くにタイレストランがあれば、行商に行くのになあ〜。
[PR]
by totonana-blog | 2008-10-04 21:54 | Farming


ここは岐阜県下呂市馬瀬!


by totonana-blog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

totonana-facto..
at 2015-10-14 08:08
ひょうたんランプ
at 2015-10-03 12:59
強風が吹いた翌日
at 2014-01-27 11:22
-
at 2014-01-13 12:22
山梨県の富士山
at 2014-01-13 11:41
あけましておめでとうございます
at 2014-01-06 15:29
お茶摘み1泊2日ワークショップ
at 2013-04-06 15:32
初めての1月の農作業
at 2013-01-23 13:51
畑にキツネがやって来た
at 2012-10-31 19:26
本物のぬかくどだよ!
at 2012-06-16 08:00
ティピ?を作った
at 2012-06-03 06:35
畑仕事たけなわです
at 2012-05-25 14:25
女子力満開!!
at 2012-05-06 20:04
着々と部屋の改装進んでます
at 2012-04-11 13:19
アトリエ&ギャラリー制作中
at 2012-04-03 09:41
我が家の格闘技中継!
at 2012-03-14 20:35
猫のビデオが・・・
at 2012-03-02 15:41
ツリーハウス作りの募集
at 2012-02-21 13:47
「ぬかくど」作り
at 2012-02-17 10:26
ロケットストーブ試作中
at 2012-02-09 19:39

タグ

(120)
(81)
(80)
(64)
(55)
(49)
(49)
(44)
(34)
(23)
(18)
(15)
(10)
(9)
(9)
(7)
(7)
(7)
(4)

メモ帳

お気に入りブログ

裏口
ミケの「畑へ行こう!」
野良猫写真blog
畑ガーデン
kusakiの「この植物...
ぬるぅい畑生活
私的ぽくぽく日記
ほっこリ日記
そらまめ~北海道便り~
77億の感動
やや晴耕雨読な日々
農村の風
チセガーデン自立までの道...
おやぢふぁーむ菜園記
My●com
萩原クラクラ屋台   下...
野原の朴葉すし祭り 

カテゴリ

全体
News(お知らせ)
Event(出来事)
Farming
Animal & Creatur
Plant&Flower
Cooking
Handmade
Miscellany(雑文)
旧ブログより抜粋(ネコ日記)
お気に入り写真
天気
未分類

以前の記事

2015年 10月
2014年 01月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
動物・ペット

画像一覧